夜間にリモートで監視する工事現場のカメラ

現場に足を運ぶ必要がなく手にとるように現場がわかる

工事現場が複数になると、わざわざ現場に足を運んで監視を行うことも人員の不足などを理由に難しい所も多いと言われています。しかし、監視カメラを利用することにより、現場にわざわざ足を運ぶこと無く、手にとるように情況を把握することが可能です。現場の映像は本部のパソコンモニターで24時間いつでも監視することができるため、人員不足も難なく解消することができます。それだけでなく、移動中もスマートフォンから目的の工事現場だけにスポットを当てて監視することができるので、ピンポイントで見たい現場を見たり、管理をしたりすることができるようになりました。現場への導入が進んでいて、労力をかけること無く、手にとるように現場をひと目で管理したり、安全のための監視を行ったりすることが容易です。

夜でも特殊加工で見やすい映像をリモート監視

カメラには夜間でも映像が見やすいように特殊な加工がなされているのが特徴です。夜間は周囲が暗くなることから、工事現場の映像が乱れたり、映像が見えづらくなってしまうことを懸念されることも多いのも頷けます。しかし、夜間専用モードでリモート監視ができるので、防犯対策にも使えます。特に、夜間の工事現場では、機材の盗難が相次いでおり、防犯目的でのカメラの設置が進められています。ナイトモードに設定することで、日没以降でも周囲の情況を鮮明に捉えることができます。また、一度設置してしまえば、24時間いつでも現場を関しできることから、現場管理も行いやすくなりました。これにより、防犯対策が徹底されて現場での盗難を防止することに貢献しています。

電源さえあればアクセスしにくい山間も安心

現場が人気のない山間にある場合でも、監視カメラは大活躍します。電源さえ確保できていれば、簡単に導入することができます。電源に差し込むだけですぐに録画を介し、あとはクラウドで一括管理を行うことができます。一度設置してしまえば、手間がかからないので、監視の行き届かない場所や山岳部でも人員を配置しなくても防犯対策は十分にできます。取り付けも取り外しも簡単なため、特殊な工事が必要ないという利用し安さも普及につながっているようです。内部にはマイクとスピーカーが内蔵されており、なおかつ赤外線により暗がりでも鮮明な映像を撮影することが可能です。機能性の高さに加えて、設置の市安さから、導入が進められています。

ピックアップ記事一覧