工事現場の防犯対策のためにカメラを購入しましょう

不審者を遠ざけるためにも設置を

工事現場にカメラを導入するとなれば、そのための費用を予算から捻出する必要があります。それでも購入を決める現場が多いのは、導入における費用対効果が高いからです。もし工事資材を大量に盗難されるような事態になれば、現場に大変な損害が生じるのは間違いありません。作業員を装って現場に侵入し、盗難していくというケースは少なくないのです。監視カメラは長期的に運用でき、特に警備員がいない現場では導入するメリットが大きいです。遠赤外線機能がついていれば夜間でも撮影できるので、不審者の様子を確認したり、威嚇をしたりできます。不審者は事前に現場を下見しており、犯行が難しいと感じた現場は避ける傾向があります。犯行を未然に防ぐという意味でも、設置しておくメリットは絶大です。導入には数十万円ほどかかる場合が多いですが、それを考慮しても費用対効果のほうが上回る傾向があります。盗難被害が発生すれば現場監督の管理責任も問われますから、設置しておいて損はないのです。

状況に合った性能を考慮して選んでいく

工事現場の防犯対策を目的にカメラを購入する場合、どのような性能の機種を導入するか決める必要があります。高額になるほど機能性は高いですが、オーバースペックになると費用対効果は下がります。一般的に耐用年数は5年程度と言われているため、5年間の費用対効果として算出してみるのが得策です。注意したいのはコスト削減のために設置台数を過度に減らすことで、そうなれば必要な防犯効果が期待できません。基本的に設置する場所は死角になるため、死角が多い現場ほど設置台数を増やすことが大切になります。犯行は死角となる場所から優先的に行われるため、死角を残してしまうのは得策ではありません。また人の出入りが激しい場所でも犯行リスクが上がる傾向があり、これはどさくさに紛れて犯行をしやすくなるためです。そのため死角に加えて、現場全体を広範囲に撮影することも必要です。

あわせて導入したい防犯アイテムとは

防犯ライトやブザーなども購入しておけば、犯罪の抑止力をさらに高められます。犯人は光や音を嫌う傾向があり、特に夜間の防犯対策として重宝します。工事現場にカメラを設置する場合は、見積もりやヒアリングをしっかりと行ってください。一般的に導入までの期間は2か月近くかかることが多いので、早めに相談やヒアリングをしておきましょう。年単位で運営する現場であれば、購入以外にリースという選択もありです。リースは定額の支払いになるので、まとまった大きな出費を回避できます。

ピックアップ記事一覧