工事に役立つ工事現場カメラの各種の機能

屋外でも使用しやすい防水のための性能

工事現場で使用されるカメラには、工事の進行に役立つさまざまな機能が搭載されています。現場で使用するときにあった方が良いのが、レベルの高い防水機能です。工事は屋外でおこなわれることも多いために、建築中の撮影も屋外でおこなわれることが多いですが、防水性能がない製品を使用すると故障の原因にもなるので、継続的に撮影のために使用することが困難になります。長時間の雨天でも使用できるような高い防水性能を持っている製品を使用することで、天候が変わりやすい場所で作業をおこなう場合にも、水を気にせずに撮影できます。防水性能の高さを確認できるのが製品の保護規格で、数字の数が大きいほど高い防水性能があります。一番高い防水性能を持っているのは8の等級の保護規格で、一定時間水の中につけていても正常に動作できるほどの高い防水性能を持っています。

ほこりの多い屋外でも使用できる防塵性能

工事現場で撮影のために使用するカメラを選ぶ場合には、防塵機能の有無も重要なポイントになります。屋外で建設する建物の場合、場所によっては周囲からちりやほこりが多く飛んでくることもありますが、細かいほこりは製品の故障の原因になることがあります。防塵性能が低い製品の場合には、短期間屋外で使用しただけで、機械の内部にほこりがたまりやすくなることもありますが、ほこりをそのままにしておくと故障の原因にもなります。長期間の工事に使用する場合には、できるだけ防塵性能の高い製品を選んだ方が故障を気にせずに使用できますが、防塵性能は製品によってそれぞれ違っています。防塵性能にも保護規格が決められていて、一番高いレベルの防塵性能は6等級です。工事の撮影のために屋外で使用する場合には、5等級以上の防塵性能を持っている製品の方が、安心して使用できます。

高いところから落としても耐えられる耐久性能

工事現場で使用するカメラを選ぶ際には、衝撃に耐えることができる高い機能を持っているかどうかも、重要なポイントです。現場の撮影をするときには、高い場所から撮影しなければいけない場合がありますが、何度も撮影を繰り返していると、油断して撮影中にカメラを落としてしまうようなこともあるので、せっかく撮影した写真のデータが全て消えてしまう危険性もあります。それ以外にも屋外で撮影をするときには、さまざまな理由で本体を落としてしまうことがありえますが、万が一地面に落としてしまった場合にも、衝撃に対して高い耐久性を持っている製品を選んでおけば、故障を避けることができます。

ピックアップ記事一覧