プリンターインクは多種多様です

年賀状印刷時にプリンターインクが切れたらどうする

プリンターインクをサイトで購入するときの注意点

日本が世界に誇るべき文化があります

これはつい最近の出来事ですが、日本の和食がユネスコの世界遺産に登録されました。これは日本の伝統的な文化である和食が、世界の人々に受け入れられたという証ではないでしょうか。和食は日本が世界に誇るべき素晴らしい文化ですが、それ以外にもたくさん世界に誇るべき文化が存在します。例えば年末に、人々は、年賀状を交換します。それから暑い夏場の盛りには、暑中見舞いを交換して、耐えがたい暑い夏場を乗り切ろうと努力します。どちらも日本が世界に誇るべき美しい文化ということがいえます。昔はこれらの年賀状や暑中見舞いは、はがきを利用して、手書きで作成するというのが当たり前でした。それが今のインターネットの発達と、パソコンやプリンターの発達に伴って、大変な様変わりなのです。 今時の年賀状や暑中見舞いは、手書きよりも、パソコンを利用してプリンターで印刷して作成するのが当たり前となっています。

年賀状はパソコンを利用して簡単に作成できます

年賀状や暑中見舞いは、パソコンやスマートフォン利用して簡単に作成できますが、最終的には、それをプリンターで印刷しなければなりません。日本では、現在のご家庭で使われているプリンターの種類はインクジェット式のプリンターが一番多いです。そのメーカーも限られており、おおむね大手4社となっています。どんなプリンターのメーカーがあるのでしょうか。すなわち、それはキャノン、エプソン、brother、ヒューレットパッカードの4社です。ヒューレットパッカードは略号で HP と記載されることが多いです。お正月の年賀状などでは、一度に大量の印刷をする人たちが多いです。100枚くらいは当たり前で、人によっては、1000枚を超えるような印刷をする人たちもいるくらいです。 そんな大量の印刷をしている時に、もしもプリンターインクが切れたどうなるでしょうか。パニックに陥るのではないでしょうか。

プリンターのメーカー名と品番を確認してから注文する

例えばbrother のインクジェット式プリンターを利用している人達で、突然そのプリンターインクが切れたらどうすれば良いのでしょうか。メーカーはすでにbrotherとわかっていますから、その場合には、プリンター本体の側部か裏側に付いている品番を確認します。と申しますのは、インクジェットプリンターのインクを注文する際に、それらのデータが必要となってくるからです。ご家庭でbrotherのプリンターを使っているのに、インターネットサイトで注文したのがキャノンのプリンターインクだったら、宅配便で翌日到着したとしても、それは使い物になりません。ですからインターネットのサイトでプリンターインクを注文する際は、プリンターのメーカー名と、その品番を確認してから注文するということがとても大切です。

人気記事ランキング